カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
お勧め

Amazon.co.jpアソシエイト
Amazon.co.jpアソシエイト
Amazon.co.jpアソシエイト
プロフィール
過去ブログ選択
カテゴリー
アーカイブ
コメント
トライバック

デジットさんのリストラ日記

会社をリストラされたのをきっかけに、このブログを始めました。仕事のことや日常のいろいろなことを日記にしています。 デジットさんの生活便利サイトも、よろしくね。

ioPLAZA「LAN接続ハードディスク」お試しキャンペーン
<< XAMPPにSmartyをインストール | main | 年金個人情報提供サービスで年金額試算した >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

良かったら人気blogランキングのマークをクリックしてね。 人気ブログランキング
| - | | - | -
XAMPPのSmartyを個人用セットアップ
今日は、XAMPPにインストールしたSmartyを個人用にセットアップします。

C:¥xampp¥php¥pear¥;C:¥xampp¥libs¥:に Smarty 2.6.18 のディレクトリが置いてあることを前提に書きますね。

繰り返しディレクトリパスの設定や同じ変数を割り当てるのは面倒です。テンプレートディレクトリや、キャッシュディレクトリは、guestbookを作成して、1箇所で指定するのが便利な使い方です。Smartyの公式ページの拡張セットアップをみると、詳しく書いてあります。

ここで悩むのは、template_dir 等のWindowsでの指定方法ですね。template_dirなどは、自分の都合で何処においてもかまいません。
例えば、¥xampp¥htdocs¥jibun¥ の中に、これらを置いた時は、次のように指定します。

  $this->template_dir = 'C:¥xampp¥htdocs¥jibun¥templates';

compile_dir config_dir cache_dir も同様です。この部分だけ直せば、自分の指定したディレクトリが使えるようになります。
¥xampp¥htdocs¥jibun¥ も、.htaccess のインクルードパスを追加しておきましょう。

後は、Smartyを使うPHPファイルで、 

 require('guestbook/setup.php');
 $smarty = new Smarty_GuestBook();

と、していすればOKです。


PHP5で、ホームページを公開したい人はレンタルサーバー(PHP5)のページを見てくださいね。
アフィリエイト挑戦も可能です。PHP5にこだわらないのなら、レンタルサーバーのページから確認してくださいね。
デジットさんの生活便利サイトも、よろしくね。
良かったら人気blogランキングのマークをクリックしてね。 人気ブログランキング
| ネット関係 | 10:28 | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
良かったら人気blogランキングのマークをクリックしてね。 人気ブログランキング
| - | 10:28 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://digit-01.jugem.jp/trackback/535
トラックバック
パソコンど素人がメルマガもホームページもブログも使わないで、始めて1ヶ月で月収50万を稼でいる!【ナチュラルアフィリエイト】
◆◇◆超簡単アフィリエイト◆◇◆ 知識がないまま稼げます。まさに素人のための 素人のアフィリエイト! えっ。メルマガ発行しなくて良いの? はい。必要ありません。 ホームページもいらないの!! はい。いりません。 じゃぁ、ブログは? 全く必要
| パソコンど素人がメルマガもホームページもブログも使わないで、始めて1ヶ月で月収50万を稼でいる!【ナチ | 2007/11/12 11:52 AM |
スポンサード リンク